挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
R18壊し屋 〜調教請負人〜 作者:めじゃあギャル

★★ 本編 ★★

33 佐伯由香 監禁被虐編

゛ご多忙のところ・・夫と娘たちの事で・・ぐすんっ・・・す・・すいません・・・お越しをいただきまして・・ありがとうございます・・゛




石濱みゆきは わざとらしく 涙を拭いながら・・ 目の前に座る 佐伯由香にお茶を差し出す・・




佐伯由香は ★☆警察署に所属する 捜査資料作成編集担当の 20歳の事務署員で・・ 生まれ持った知的な美貌と 天使のような笑顔が評判で・・ 地域の広報紙などで ゛スマイル美人署員゛と紹介されて ちょっとした有名人扱いをされていた・・




そんなある日・・ 由香指名で 相談の電話が 警察署に入った・・ 




゛身内が麻薬犯罪に手を染めているかもしれません・・勘違いかも知れないので・・ このことは 由香さんと私だけの内緒にして下さい・・できましたら 私の自宅で・・ご相談を・・させてください・・゛




もともと正義感が強く 面倒見のいい 由香は・・ 休日を利用して 石濱みゆきの自宅に 単独訪問をしたのであった・・




゛私は 事務署員なので・・ ご相談を お聞かせ頂くことくらいしか お力になれないと思います・・ でも みゆきさんが わたしを頼って ご連絡を下さったので・・ 何かいい解決策が生まれれば・・って 思ってます・・゛




出されたお茶を 口にする 由香・・ それを見届けて ニヤつき みゆき・・




゛じ・・実はねっ・・私 趣味で始めた テニス教室で・・ コーチとできちゃってねっ・・ うふっ・・いわゆる・・ フ・リ・ン ♪♪ ・・ってやつなのっ・・゛




いきなりの 赤裸々な告白に 戸惑う 由香・・・




゛由香さん・・あなた テニス教室 通ってるわよねぇ♪♪・・ くすっ・・ この写真のコーチ 知ってるでしょ♪♪・・゛




みゆきが 写真を由香に見せる・・




・・・・ !!!! ・・・・




゛うふふっ・・ これが どういう コト か・・ 子供じゃないから わかるわよねぇ♪♪・・゛




由香が目にしたものは・・テニスコーチの日焼け男と みゆきの 変態調教の写真だった・・




自宅のリビングで 四つん這いの みゆきに 背後から獣のように交わる男との写真・・




自ら両手で おまんこを 特だし状態にした みゆきが・・ 仁王立ちした男の 竿と玉を 美味しそうに 貪りしゃぶっている写真・・ 白い玉のようなものが おまんこから 飛び出そうとしている写真・・




テニススコートだけの 半裸姿のみゆきが・・ テニスコートのネットに跨がって お尻を くねっくねっ♪♪・・と左右に揺らしながら おまんこをネットに擦り付けて 歩かされている写真・・ その横にいるコーチは ネットを上下に揺すったり・・ みゆきの剥き出しの 乳首を 揉み回したりしている・・




゛・・・み・・みゆき・・・さ・・・ん・・・これは・・・いったい・・・どういう・・・こ・・・と・・・・・な・・・・・・・のぉ・・・・・・ぁあぅ・・・・゛




゛うふふっ・・・どういう事 って!?・・・ こ う い う 事 ♪♪・・くすくすっ・・・゛




みゆきの横には 写真に写っている男が いつの間にか座っていて・・ みゆきと ディープキスをはじめる・・




由香は 唖然として 立ち上がろうするが・・ お茶に細工された 痺れ淫酔剤のせいで 身体に力が入らない・・・




゛・・うっふぅ〜ん♪♪・・・ぁはっ♪♪・・・作戦成功ねっ!!・・・じゃ・・早速・・ 由香さんの記念すべき・・くすくすっ・・ 変態撮影会を 始めましょうかぁ・・




裁断ハサミを手にしたみゆきは・・ 痺れて身動きできない由香の服を 丁寧に一枚一枚 ズタボロになるように破っていき・・ あっという間に 全裸にひん剥いてしまった・・




゛・・・は・・・恥ずかしぃ・・・ぁあっ・・・ひ・・・ひどいっ!!・・み・・見ないで・・ください・・・・゛




嫌がる 由香を 肘かけソファに運び・・ 両脚を大股開きに座らせて 破廉恥な おまんこ全開姿を 連写撮影する・・




次に おまんこ周辺の毛を 一本も残さず 脱毛クリームで つるっつる♪♪・・にしてから・・ 淫酔剤入りの麻酔クリームを 大陰唇 小陰唇 クリトリスに たぁ〜ぷりと 丁寧に 何度も何度も 時間をかけて 塗り込んでいく・・




゛・・・ぁあぅ・・・へ・・・変なこと・・・しないでっ・・・・゛




由香の叫び声を無視する形で・・作業は黙々と続けられる・・





麻酔の効果が効いて 感覚が麻痺した頃を見計らって・・ クリトリスの 包皮切除から作業が行われる・・




皮を完全に取っ払ってしまうのではなく・・ 縦横に切目を入れて バナナの皮のようにめくりあげ・・ 恥ずかし気に姿を現した クリトリスの皮の内側に・・ 痛みの感じない特殊な形状の針を 何本か 埋め込んでから 皮を元の状態に戻す・・ これで クリトリス側にも針が優しく刺さり・・ クリトリスの皮は完全に捲れなくなってしまった・・




これで 由香のクリトリスは・・24時間ずっと ずきずきっ♪♪・・とした淫らな感覚に苛まれる計算だ・・ 




清純で健康的だった 由香の身体は・・クリの改造によって 疼きっぱなし 欲情しっぱなしの 変態痴女の身体にされてしまった・・ いわゆる ザラザラとした舌のバター犬に がむしゃらに クリを 嘗め回されているのと同じ感覚に悩まされるはずだ・・




しかし 由香の改造は これだけでは終わらない・・




感覚の麻痺した 大陰唇 小陰唇に 左右対称に それぞれ 5個ずつ ピアス穴が開ける・・




゛・・・ぁあっ・・・いっ・・・・いやっ・・・・・゛




由香は弱々しい拒絶の声をあげるが・・作業はそれを無視して 黙々と続けられる




大小二枚の 船底型の特殊なゴム板が用意され・・ 小さい方には 巨大なおちんぽが くっついていて・・・・由香の ヒクヒクしている おまんこに ずぼっ♪♪・・と挿入してから・・予め穴の開けられたゴム板と 小陰唇のピアス穴を合わせて 特殊なネジでとめる・・ これで おまんこ内部を 手で触れることが 完全にできない 密閉状態にされてしまった・・




゛・・・ぁあっ!?・・・・なっ・・・・なんなのっ!!・・・゛




つぎに・・大きい方の特殊なゴム板を大陰唇の内側に合わせて・・ これも 両穴を合わせる形で 密閉状態にして 特殊なネジでとめてしまう・・




・・・・ !?!?!?!・・・・




゛うふふっ・・・・いい眺めねぇ・・・・剥き出しだった エロまんこが ぴっちりと 塞がれちゃってっ・・・ ぷっ・・ どうされちゃたのか 不安で 不安で 仕方ないでしょ♪♪・・




総てはねっ・・この遠隔作動ボタンに・・ 貴女の未来が託されている・・って訳・・うふふっ・・・゛




肘かけソファーごと ブルーシートが被せられ・・玄関先に横付けされたワンボックスカーに移動させられる由香・・




゛・・・ぁあっ・・・い・・いやっ・・・何処に・・・行くのっ・・・゛




゛うふふっ・・・・とぉ〜ても・・ とぉ〜ても・・素敵なところよっ♪♪・・・くすくすっ・・・騒いだら・・シートを捲っちゃうからねっ・・いい子にしてるのよっ♪♪・・・゛









日焼け男の運転する車は・・ 助手席にみゆきを乗せて・・ そして 後部座席が外されて出来た空間に 進行方向とは逆向きに 全裸大股開きの由香を載せて・・目的地に向けて ゆっくりとスタートしていく・・




数十分ほど走って 車は目的地に着いたようだ・・・みゆきは由香に愉しそうに話し掛ける・・゛




゛ど淫乱の由香は アウトドア派だと思うから・・できぃ〜る限り お外で ・・ぷっ・・’由香の変態撮影会’を開催してあげるわっ♪♪・・ 超・超・傑作〜っ♪♪・・・・゛




淡い光が届いていたブルーシートが・・ ゆっくりと・・ゆっくりと・・大股開きの由香から 外されていく・・ 




゛・・・おとなしく いい子にしていて えらぃでちゅねぇ♪♪・・ ここが何処だか・・わかりまちゅかぁ♪♪・・・くすくすっ♪♪・・・゛




次第に 太陽光の明るさにも慣れていき・・目の前に広がる風景が 無意識の内に 瞳に飛び込んできた・・・ 




地獄 屈辱 悲惨 以外に 表現のしようがないほど 由香にとって 衝撃的な風景だ・・・







゛・・・ぁあっ・・・だっ・・・・だめぇ〜〜っ・・・・ぃ・・ぃや〜っ・・・・・゛






ワンボックスカーは・・ 由香が勤務する ★☆警察署の 玄関前の駐車スペースに停められていた・・






仲のよい同期・可愛い後輩署員たち・・ 署内を見学中の 近所の女子中学生や お世話になった地域情報誌のカメラマンなど・・ 顔見知りの人の姿が確認できた・・・





゛・・・ぁあっ・・・・み・・・・見られてるぅ・・・・はっ・・・・恥ずかしぃ・・・・・゛





由香は・・身体を動かすことも 顔を背けることも出来ず・・顔なじみの人々を見つめながら・・ たたただ 大股開きの恥ずかしい全裸姿を 晒し続けるしか術のなかった・・・・





゛じゃ・・・もぉ〜っと もぉ〜っと 恥ずかしい姿を 晒しちゃいなさぁい・・・遠隔作動ボタン ポチっ・・っと!!・・・゛




助手席に座る みゆきが ニヤニヤしながら 禁断のスイッチを作動させる・・・





・・・・ !!!!! ・・・・





由香のおまんこの中に密閉された 小陰唇についていた おちんぽが・・ 凄まじい勢いで ぶくぶくっ♪♪・・と膨れあがり・・ なおかつ 高速回転を始める・・・





゛・・・・ぁあぅ・・・そっ・・そんなぁ・・・・だっ・・だめ〜っ!!・・・・・゛





官能の渦から逃れようと 眉間にシワを寄せて・・懸命に堪える由香・・しかし どんな強靭な精神をもってしても・・迫り来る官能の大渦に飲み込まれ 悶え狂い 泣き叫ぶことになるのは 時間の問題だろう・・ 




巧みに調合された淫酔剤の効果が・・徐々に・・徐々に・・身体の隅々に行き渡り・・ しかも・・おちんぽに仕掛けられた 覚醒剤成分が マン襞に ゆっくりと・・ ゆっくりと・・ 染み込み渡るようになっている・・




鮫梶組は・・’佐伯由香’を・・’淫乱なメス’に改造して・・ 麻薬Gメンへの みせしめ のためだけに 利用しようと考えていたため・・ 調教によって 由香が 仮に壊れてしまっても アングラ奴隷以下の扱いにあたる・・意思を持たないインテリア奴隷の゛変態オブジェ゛に改造して 中近東の金持ちに売却しようと目論んでいた・・




バックに組がついているという 絶対的な安心感も手伝ってか・・ 日焼け男は・・ 何の躊躇も無く 高濃度の淫酔剤を使用し・・ 淫らなクリ改造を行い・・ そして 麻薬成分が染み出す 巨大な高速回転おちんぽ貞操帯を セッティングしてしまったのだった・・・




゛・・・はぁはぁはぁあぅ〜ん♪♪・・・・ぁんっ♪♪・・・゛





゛うふふっ・・いいのよっ・・・甘〜ぃ声で 泣き叫んじゃってもぉ〜っ・・ぷっ・・・華奢な腰も・・ くねっくね♪♪・・ させちゃってもぉ〜っ!!・・ くすくすっ・・ 皆が見ているっていうのにぃ・・・ほぉ〜んとに 由香は・・堪え性のなぃ 発情しまくりの ど変態マゾ淫乱露出狂女 でちゅねぇ〜っ♪♪・・





゛・・・もぅっ・・・・・・もぅだめ〜ぇ♪♪・・・・ぁあぅ♪♪・・・・・・すごっぃ♪♪・・・・・・すごぉ〜〜ぃ♪♪・・・・・ぃいっ♪♪・・・・ぃいの〜ぉ♪♪・・・・・・ぁはんっ♪♪・・・・・・・だめっ♪♪・・だめっ♪♪・・・・はぁはぁはぁは〜ぁんっ♪♪・・・・・・ぃくぅ♪♪・・・ぃくぅ♪♪・・・ぃく〜〜ぅ♪♪・・・・はぁはぅはぁは〜ぁんっ♪♪♪♪・・・・・・゛





(・・・くすくすっ・・ エロぼけしちゃってるわっ♪♪・・由香が 虐められて悦ぶ 変態マゾで・・ 裸を観られると興奮しちゃう露出狂 なのは 間違いなさそうねぇ♪♪・・




゛警察署゛と゛顔なじみ゛のコラボ映像が よっぽど 気に入っちゃったのかしらねぇ♪♪・・ 窓硝子に合成映像を映しただけなのにぃ♪♪・・あんなに 乱れちゃってっ・・うふふっ・・まぁ〜だ イカせてあげないしぃ もぉ〜っと 恥ずかしい目に合わせてあげるわっ・・・ぷっ・・・・・・゛




みゆきは 遠隔作動ボタンを 一旦 OFF にする・・・




゛・・・・・・ぁあっ・・・・・・゛




もう少しのところで・・ という絶妙のタイミングで 小陰唇のおちんぽが 急速に縮まり そして回転も止まってしまった・・





当惑の表情を隠せない由香は・・ 腰をクネクネっ・・と悩ましげに揺すり続ける・・





(・・・じゃあ・・・とぉ〜ても とぉ〜ても 恥ずかしぃ 由香の絶頂ショウを はじめるわよっ♪♪・・・くすくすっ・・・・・)






車内から見える 署員たちや女子中学生 そして 地域情報誌のカメラマンたちが・・ 一斉に 由香の回りに近寄りはじめ、 おまんこ周辺を指差しながら 大爆笑をしはじめたのだった・・・





゛・・・何これ〜っ!!・・・超へんたいじゃなぃ!!・・・゛




カメラマンが フラッシュを焚いて 由香を熱写し続けるなか・・ 小陰唇の おちんぽが 再び 作動しはじめた・・・・





仲のよい同期・可愛い後輩署員たちが ニヤニヤしながら 由香に話し掛ける・・





゛・・・ぷっ・・・ 黒光りした おちんぽ 生やしちゃってる ど変態 露出狂の 佐伯由香!!・・・ 公然猥褻罪で 現行犯逮捕ぅ〜♪♪・・・゛





(・・・なっ・・・・何これっ・・・・嘘でしょ・・・・・はっ・・・恥ずかしぃ・・・)






+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
▲ページの上部へ